ステッカーっていろいろあるんだと実感

部下との会話の中で

部下からステッカー作成の提案を受けのはいいんですが、具体的にデザインをどうしたらいいのか、ステッカーの製作をどこに頼んだらいいのかは全く分かりませんでした。そこで、バイクのグループに所属する部下や後輩たちを呼んで、ステッカーをみんなで作ろうという話をしてみました。みんな私より若いのかステッカーについてはかなり前向きというか積極的にすすめて行こうということになりました。さすがに若い人たちは話が早いと思いました。(笑)みんなにはどんなステッカーを作りたいのかと、とりあえず情報を集めてきてくれということで話をしました。そして私なりにも色々と調べることにしました。

家に帰って夕食後にパソコンの前に座りステッカーのことについて調べていました。ステッカーを作っているサイトだけでもこんなにあるものかと驚きました。今は何でもネットの時代といいますが、ステッカーってこんなに種類があるものとは思っていませんでした。ステッカーのほかにもシールというものあって何がなんだかわかりませんでした。これは後輩達に任せて私はみんなの流れに乗っておいた方がいいなと考えました。こういう難しいことは苦手なもので。でも調べていくとステッカーには屋外で使うものと屋内で使うものがあると知りました。

 

ステッカーの屋外用途と屋内用途って

パソコンを使ってインターネットでステッカーのことを調べてみると、屋内用と屋外用があることを知ったが具体的にはどんなものなのかが知りたくなってきました。まず屋内用というとシールになるそうで、屋外用だとステッカーになるようです。私たちは当然バイクのヘルメットに貼って使いますので屋外用ということになりますね。シールというとやっぱり商品パッケージのシールを思い出しますがこれこそ屋内用ですね。

ステッカーは屋内と屋外のものがある

うちの会社でも商品パッケージ用にシールを一度に数万枚印刷会社へ注文していますが、シール印刷という機械で印刷しているということもこの時知りました。普段は何気なく印刷会社へ発注しているので気がつきませんでした。屋外用だとシルク印刷だのフルカラーステッカーだのカッティングステッカーだのと種類が多くあることに驚きました。

そうか、部下の人間たちはどんなステッカーを作りたいと思っているのだろう?近いうちにみんなにどんなステッカーを作りたいのか聞いてみようと思いました。みんなのことだからきっとすばらしいステッカーのデザインを考えてくれるに違いないと思います。こうなってくると段々と楽しみになってくるものですね。そう考えながら今日はもう寝ることにしました。