ステッカーの書体、デザインを決める

バイクステッカーのデザインは・・

新しく何かをするということは色々な手間や面倒がつき物だということは分かっています。今回もこのステッカーのことで面倒なことが起きていると実感しています。さあデザインができる人を探さないと・・。と思っていた矢先に部下から簡単なデザインというか、簡単な文字のレイアウトならできますとの返事が。カッティングステッカーならカッティングシートを文字に沿ってカットしていくだけだから、デザインも何か格好の良い文字をレイアウトすれば大丈夫だからとのことでした。これはまさに渡りに船だったので「頼んだぞ」も一発返事でした。

ステッカーのフォントも決まり

彼ならきっと良いデザインを考えてくれるに違いない。こうしてデザイナーの問題は難なくクリアして一安心でした。私も昔は絵を描いていたこともありましたがツーリングのメンバーは私より若い人ばかりなので、デザインを考える人は若い人の方がいいでしょう。私の描くものは多分古臭いものになってしまうので。バイクのヘルメットに付けるバイクステッカー。どんなものが出来上がってくるの楽しみになってきました。

ステッカー印刷のフォントは?

デザイン担当の部下は「じゃあ、ロゴのフォントはこれでいいですか?」といくつか見せてくれていた。私はフォントの意味が分からず「フォントってなんだい?」とたずねました。すると、部下は「フォントは書体のことで、文字の形のことです。」「ゴシックとか明朝とかってありますよね?」と言った。「ああそうか、そのことか。書体のことをフォントというんだね。」私もワープロのソフトくらいは使えますので明朝体とかゴシック体というのは見たことがありますが、
フォントって沢山あるもなんだと感じました。

ただしこれも好き嫌いがありそうなので若い者たちに任せることにしました。きっと素晴らしいフォントを選んでくれることでしょう。しばらくしていくつか上がってきた候補には格好良い書体がありました。その中の一つをみんなで決めてチーム名とデザインのフォントが決まりました。あとは大きさを決めてステッカーの会社に依頼するだけです。出来上がりがどんどん待ち遠しくなってきました。この日も大いに盛り上がって結局午前様になってしまい、
お開きの後はタクシーでそれぞれ帰路につきました。