外へ出かけずにステッカーデザインを考える

久しぶりの出かけない休日

部下との飲み会の後タクシーで家に帰りました。翌日は飲みすぎたせいか二日酔いで頭がいたくてずっと寝ていました。土曜日ということもありまして助かったのですが、これが平日だったらたいへんでした。日曜日は自慢のバイクを洗車して休日をのんびりとすごしながらなんとなくステッカーのことが気になっていました。

ステッカーデザイン

午後はネットを見ながら今度ツーリング行く場所をロケーションハンティングしていました。休みがあればどこへでもツーリングへ出かけていましたがこの休日は久々に家で過ごしていて、家内もそんな私に驚いていました。「亭主元気で・・」なんていいますがやっぱりそうなんでしょうね。家内も私が家に居ない方が助かるなんて冗談を言っています。さあ今度はどこへツーリングに行こうかと考えてるだけでも楽しくなってきますね。とその時メールが届いたことを知らせるアラートが画面上にでてきました。

誰からかな?とクリックしてみてみると、ステッカーデザインをお願いしている部下からのメールでした。メールに添付ファイルが付いていて中をあけてみるとステッカーのデザインが描かれていました。「おお!素晴らしいじゃないか!」思わず声を上げてしまいましたが、本当に素晴らしいデザインでした。なかなかやるなぁと思いながらしばらくそのデザインを見ていました。

「たいしたデザインではないですが・・」などと書いてありましたが、彼のデザインは最高でした。早速お礼のメールを返事しました。そしてツーリング仲間にも転送してみてもらうことにしました。きっとみんなもよろこんでくれることでしょう。

ステッカーのデザインが決まった

この間は久しぶりにどこへも出かけず家に居まして、部下からステッカーのデザイン案がメール添付できました。それをツーリングの仲間達へ転送してみてもらっていました。私自身は素晴しいデザインだと思っていましたから仲間もきっと異存はないと思っていました。そして、ツーリング仲間のみんなから返信メールが届きました。みんなは一様にとても良い出来栄えで早速これでステッカーを作りたいと言っていました。本当に彼のデザインは素晴しいものでしたのでこれでやっと注文の段階にいけると思うとうれしくて仕方がありません。でも、その前に見積りをお願いしないといけないですね。

ステッカーの業者はたくさんあってどれも似たり寄ったりといったところでしたが、ステッカーを総合的に扱っているお店にお願いしてみようと思いました。いくつか調べた中で色々なステッカーを扱っているようで信用できたし、説明の文章も分かりやすかったのでこちらの業者の方にコンタクトを取ろうと思いました。私たちが作りたいのは前に打ち合わせしたとおりカッティングステッカーで、この業者さんでも取り扱っていました。1980年からやっているらしいので結構長いなと思いました。WEB上での取引でメールかFAXのみの対応ということ少々不安はありますが作品集や会社案内をみると取引の実績もかなりあるそうなんで大丈夫でしょう。